先の2020年五輪・パラリンピックの最終プレゼンテーションで、東京を成功に導いたスペシャリストが注目を集めています。

イギリスに拠点を置く、Nick Valey氏(@Nick_Varley)です。

コンサルタントとして契約した2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ、そして東京と、3連続で勝利に導いています。

英語でどうプレゼンテーションするか、日本人は表現が平板になりがちなので、ジョークや笑顔を交えて生き生きと話すことなどをアドバイスしたそうです。話す内容や誰がどういう順番で話すかなどにも関わっているようです。

ちなみに彼の会社名は Seven46と言います。これは、ロンドン開催が決定した2005年7月5日午後7時46分にちなんだものだそうです。カッコいい!

 

こういう仕事が成立していることは正直言って、うらやましい。

少し調べてみると、イギリスにはこのほかにもスポーツに特化したPRやコミュニケーションを扱っている会社がいくつかあるようです。

僕はこのブログでも度々言っている様に、日本のスポーツ関係のコミュニケーションは改善点が山ほどあると思っています。アメリカまで行って、それをどうすればいいのかを勉強してきました。

ただ、それをお金を払ってでもよくしたい、という話にはあいも変わらず全然なっていません。

そして、大会の切符が売れずに赤字になったり、スポンサーを取れず競技を続けられない選手がたくさんいたり、つぶれるチームがたくさんあったりしているわけです。

悲しい。