デンマークに勝ち、日本では道頓堀に飛び込む人が現れるなど、ワールドカップで随分と盛り上がっているようですね。

こちらブルーミントンでも、あちらこちらでワールドカップをテレビ観戦している人がいます。
おとといは昼食を食べるために入ったカフェで、10人程度がアメリカ-アルジェリア戦を見ていました。アメリカが後半ロスタイムに1点を挙げるという劇的な展開で、決勝トーナメント進出を決めました。
点が入った瞬間、「YES!」と、みんなが一斉に叫んだのを聞いた時、アメリカにいるんだなと実感しました。
アメリカでも川に飛び込んだ人がいたとのニュースは聞いてません。

昨日の日本-デンマーク戦は最後の15分くらいをキャンパス内のフードコートで、見ることができました。時差の関係でこちらでは、午前中と昼過ぎに生中継となっています。まだ、英語学校に入ったばかりで、いろいろな手続きや説明会で、昼間は忙しいんです。

壁掛けの液晶テレビの前に座っていたのは、中南米系の方や、日本人ではないアジア系の学生と合わせて8人ほど。。
PKを取られた長谷部選手のファウルには首をかしげていたし、縦パスでスピーディーにゴールに迫ると「おお」という風に、身を乗り出して見ていました。騒ぐことなくじっくり見て、プレーを堪能している人たちに囲まれていたので、日本代表のうまい下手がわかりました。

こういう形でワールドカップを楽しめるのは興味深いですし、アメリカの小都市の一風景からも、サッカーは本当にワールドワイドなスポーツなんだな、ということがよくわかります。