今週からアカデミック英語準備コースが始まりました。
レベルチェックのテストの結果、7段階中のレベル6に入り、少しほっとしています。
クラスは朝の8時から13時まで、5コマ連続になります。

僕の入った「レベル6のA組」は総勢12人。初日の出席は10人で内訳は

韓国 4人
中国 2人
サウジアラビア 2人
スペイン 1人
日本 1人(僕)

となっています。サウジアラビアの2人と僕の3人が男性です。

初日なので、それぞれが簡単に自己紹介をします。
「僕はスポーツの記者をしていました。そのおかげで、20カ国くらい行った事があります。残念ながら、サウジアラビアは行っていませんけど、韓国も中国も…」などと話しました。

休み時間になった時に、隣の席の韓国出身の子に
「韓国には2002年サッカーワールドカップのときに行って、いろんな街に行ったよ。ボランティアの人たちは親切で、今でもすごくいい思い出なんだ」と話しました。
とにかく、きっかけになるように、共通点を強調するというのはコミュニケーションの手法の基本だと思うので、やったわけです。

そうしたら…

「8年前は私は小学生だったけど…。 聞いてもいいですか? あなたは何歳なんですか?」

Tシャツと短パン姿で学生っぽく気取ってみせてますが、大学生のクラスの皆さんよりもはるかに年上。文句なしにクラスで最年長、下手したら何人かの先生より年上です。

「それは聞かないで…」

とつぶやくしかありません。

でも、「中国で北京五輪に行ったという話なら、2年前だから大丈夫かも」とひそかに思うのでした。